レコメンドビデオは実はサスペンスが多くなってしまっておるスタイル

昨今わたくしが見て面白かった映像は「バタフライ・エフェクト」だ。あまりマスではありませんが、webの反応が高かったのを見て、レンタルショップで借りて見てみました。1?3まであるのですが、webの口コミ街、うれしいのは1だけで、ほかは本当につまらなかっただ。件バレになるが、ログを通じて過去に戻れる用量を手に入れたメイン人公共が、自分の体験を修正して、赤い糸を変えてしまうダイアログだ。しかし、その影響によって予期せぬ事が巻き起こり、必ずしも幸福な申込とはなりませんでした。メイン人公共はさらに過去の修正をやり、最終的にはスゴイ結果になってしまう。過去に手を加えることが、自分の予想だにしない別の事を引き起こして行く様は圧巻だ。最後は切ない結末となるが、色々と考えさせられることが多い作品でした。作品の題名にもある「バタフライ・エフェクト」とは例えば蝶が羽ばたくといったような僅かな調整でも、他の大きな事柄(例えば竜巻など)に調整が起きてしまうのか。といった理論だ。たとえ少しの調整でも、思わぬところで大きな影響が出てしまう事は、ライフスタイルでもよくあることかもしれません。厳しいせりふなども無く、わかりやすい素因になっていますので、まだご覧になっていない方には正邪おすすめの一本だ。

レコメンドビデオは実はサスペンスが多くなってしまっておるスタイル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です